メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外志村けんさん死去 70歳 新型コロナに感染
危険バス停

県内85カ所 横断歩道上に停車 横浜で8月、女児死亡事故 /神奈川

 路線バスの停留所が信号機のない横断歩道のすぐ近くに設置され、バスが横断歩道上に停車せざるを得ない場所が県内に85カ所あることが、県警の調査で判明した。横浜市内にある同様のバス停では8月、バスの停車位置が影響したとみられる死亡事故が発生しており、県警は調査結果を基に、バス事業者らと「危険なバス停」対策を進める。【杉山雄飛、中村紬葵】

 横浜市西区北軽井沢の五差路交差点(信号機なし)に近接する「三ツ沢南町停留所」。ここで8月30日、バスを降りた直後に道路を横断しようとした小学5年の女児(10)が、対向車線を走行していた軽ワゴン車にひかれ、死亡する事故が発生した。

この記事は有料記事です。

残り863文字(全文1145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「自粛要請知らなかった」出歩く若者も 福岡・天神コア「すごい人で驚いた」人も

  2. 大阪府で新たに17人感染確認 無症状の小学生も 4人が味覚や嗅覚の異常訴え

  3. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  4. 「俺コロナだよ」家電量販店で叫んだ男を威力業務妨害容疑で逮捕 名古屋

  5. 新型コロナで都市封鎖は実行されるのか 小池都知事「ロックダウン」警告の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです