メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと兵庫、大阪、京都

造幣局=大阪市北区/下 水運、治安…なぜ大阪に

造幣局の東側に残る創業当時の正門。「お雇い外国人」たちは貨幣製造の技術指導だけでなく、日常生活や風習にも影響を及ぼした=大阪市北区天満1で、中川博史撮影

 <ぐるっと兵庫・大阪・京都 ちょい旅>

 前回、貨幣を造る西洋の最新設備を導入したものの、操作方法や運用などは「お雇い外国人」の指導を仰がなければならなかったと書いた。欧米の技術を学ぶため、官公庁などが外国人を雇用するのは珍しいことではなかった。造幣局が雇い入れたのは幹部をはじめ31人。日本人の職員が経験を積んで技能を習得したことで、1889(明治22)年には姿を消すこととなったが、功績や影響は大きかった。【中川博史】

 創業時の造幣局の労働時間は、午前9時から午後4時までの1日7時間と定められた。日曜は休日。欧米人は…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1448文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです