メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とっとり・キャンパる

就職活動で伝えたい心構え 身に染みたミス経験 /鳥取

 私が就職活動を始めたのは2月でした。周りと比べると少し後れを取っていたので、若干の焦りを感じていました。自己分析▽企業調べ▽エントリーシート▽SPI(適性検査)▽筆記試験▽面接。これらが頭の中で渦巻いていました。

 そんな中、私はとんでもないミスに気付いたのです。切手を貼らずにエントリーシートを郵便ポストに投函(とうかん)していたのです。すぐに郵便局を回りました。選別作業で漏れた書類が宛先に届く可能性があったからです。その場合、応募している企業がその切手代を払わないといけないことがあります。

 この“事件”は大学にも伝わり就職講座などで受講者に伝えられたそうです。余裕を持って行動することの大切さを身をもって体験しました。数カ月にわたる経験から就職活動に必要だと思ったことを四つ挙げます。

この記事は有料記事です。

残り446文字(全文792文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 特集ワイド れいわ・山本氏、強気姿勢から現実路線に? インディーズ魂のままで 結党1年余、リーダーの顔に

  4. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです