特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

倉敷・伊東市長に聞く “とにかく逃げる”意識高めたい 「最後まで住民と一緒に」 /岡山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
インタビューに答える岡山県倉敷市の伊東香織市長=同市役所で、小林一彦撮影
インタビューに答える岡山県倉敷市の伊東香織市長=同市役所で、小林一彦撮影

 7月の西日本豪雨から3カ月が過ぎたのを機に、52人が犠牲になった倉敷市の伊東香織市長が毎日新聞のインタビューに応じ、災害発生時の対応や復興への取り組みなどについて語った。【小林一彦】

 --死者のうち51人は、甚大な浸水被害があった真備町地区に集中した。理由をどう分析しているか。

 これまでにない雨量や上流のダムの放流など、いろんな要因が重なった。可能な限り避難を呼び掛ける情報を出したが、国・県管理の4本の川が互いに影響して8カ所の決壊が次々と起こった。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1387文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集