メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

被災者の災害公営住宅 朝倉・杷木で50戸着工 来年7月上旬入居へ /福岡

 昨年7月の九州北部豪雨で自宅を失い、自力再建が困難な被災者のための災害公営住宅の建設が10日、朝倉市杷木林田で始まった。杷木団地(仮称)では50戸を建設予定で、既に着工している同市頓田の頓田団地(同、30戸)とともに来年7月上旬の入居を目指している。

 杷木団地は市から委託を受けた県が建設する。鉄筋…

この記事は有料記事です。

残り155文字(全文305文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  2. この世界の片隅に NHKで8月3日に地上波初放送 特番「#あちこちのすずさん」も
  3. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  4. 井岡、日本選手初の4階級制覇 WBOスーパーフライ級王者に
  5. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです