特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨

広範囲浸水 筑後川掘削工事、久留米の被害軽減へ 来年梅雨までの完了目指す 国交省九地整 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国土交通省九州地方整備局は、7月の西日本豪雨で広範囲に浸水被害が出た久留米市で、被害軽減のため筑後川の掘削工事をすると発表した。事業費は1億8000万円で、来年の梅雨時期までの完了を目指す。

 同局河川計画課によると、同市の宮ノ陣付近の右岸側と、山川神代付近の左岸側の河川敷をそれぞれ深さ約1・5メートル、幅約10~15メートル、長さ約500メートル掘…

この記事は有料記事です。

残り265文字(全文441文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集