メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大銀ドーム

「昭和電工ドーム」に 命名権、県が決定 来年3月から愛称変更 スポーツ公園 /大分

 県は10日、大分スポーツ公園(大分市横尾)の愛称の命名権者として昭和電工(本社・東京都港区)を選んだと発表した。「大分銀行ドーム」と呼ばれている総合競技場は、2019年3月から「昭和電工ドーム大分」に変わる。【池内敬芳】

 大分銀行との契約が19年2月までだったことから県は8、9月に命名権者を公募。約50年前から大分市の臨海工業地帯で石油化学製品を製造する昭和電工のほか、ファミリーレストランを全国展開するジョイフル(本社・大分市)が応募していた。県によると、10月5日に選定委員会を開き、▽県への貢献度▽名称の親しみやすさや施設イメージとの整合性▽金額の多さ▽契約の長さ--などの項目で両社を採点。提示金額はジョイフルが上回ったが、総合的に85-83の小差で昭和電工を選び、最終調整の上、今月9日に正式決定した。契約は19年3月からの5年間で金額は年5000万円(消費税相当額除く)。

 ドーム以外の愛称は▽昭和電工テニスコート▽昭和電工グラウンド=サブ競技場▽昭和電工サッカー・ラグビ…

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文1095文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  2. 宿泊キャンセル2215件 業務妨害容疑で母子逮捕 ポイント192万円分不正取得か

  3. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

  4. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  5. 「ホテル」「など」連発 首相は開き直った 「ご飯論法」上西教授と聞いた代表質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです