メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

防衛省

即応予備自衛官、一般公募に拡大 経験不足懸念も

予備自衛官制度の概要

 防衛省は、2019年度から即応予備自衛官の任用対象を一般公募出身の予備自衛官に拡大する。現行制度では元自衛官からの任用に限っているが、近年は志願者が減り、定員に対する充足率は5割程度にとどまる。同省は自衛官出身でない一般人にも意欲に応じて門戸を広げ、要員を補いたい考えだ。ただ、即応予備自衛官は自衛官と同様の任務を担うため、経験不足を懸念する声もある。

 即応予備自衛官制度は緊急時の自衛官の不足を補う目的で1997年度に創設された。任期は3年で延長もで…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです