メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なるほドリ

自衛隊の海外派遣、問題は? 任務拡大 憲法との整合性議論=回答・合田月美

 なるほドリ 自衛隊の海外派遣(はけん)が始まったのも平成だよね。

 記者 東西冷戦後、国際秩序が激変する中で、1991年に湾岸戦争が勃発(ぼっぱつ)し、日本の国際貢献のあり方が問われました。日本は戦費600億ドルのうち130億ドルを負担しましたが、「小切手外交」と批判されました。92年に自衛隊の海外派遣を可能にする国連平和維持活動(PKO)協力法を成立させ、内戦が終結したカンボジアに派遣したのがPKOの始まりです。

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文724文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです