メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

日欧主導の国際秩序 民主国家の足元固めよ=北海道大教授・遠藤乾

日EU経済連携協定の署名式を終え、EUのトゥスク大統領(左)と握手をする安倍晋三首相(中央)。右はユンケル欧州委員長=首相官邸で7月17日、西本勝撮影

 今世紀初頭、英現代史家のティモシー・ガートン・アッシュは、著書「自由世界」(2004年)において、欧米は、中国のような新興国にその力を譲らざるをえなくなるまで、あと約20年、グローバル・ガバナンスの梃子(てこ)をコントロールできると主張した。

 リーマン・ショックやユーロ危機の後遺症に悩み、内を向く欧米。一帯一路を打ちだし、世界の中心への復帰をうたう中国。加速した感はあるが、おおむね歴史はその方向に流れた。

 これは不可避だろうか。英経済史家アンガス・マディソンによると、1820年段階で世界GDPに占める割…

この記事は有料記事です。

残り2664文字(全文2919文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャカルタ、初の都市高速鉄道が開業 一部が地下鉄 日本が全面支援
  2. 企業の「英国離れ」加速 EU離脱控え、リセッション陥る可能性
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 英国 EU離脱 続く混乱 欧州統合に懐疑の歴史
  5. 前夕張市長の鈴木氏が先行、元衆院議員の石川氏が追う 北海道知事選・毎日新聞電話調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです