メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
記者の目

広島カープ、球団初のV3 地元との絆が後押し=田中将隆(大阪運動部)

「たる」を手に西日本豪雨の義援金を募る広島の緒方孝市監督(右端)や選手ら=広島市のマツダスタジアムで7月20日、田中将隆撮影

 プロ野球セ・リーグの広島東洋カープがリーグ3連覇を達成した。セ・リーグでの3連覇は巨人以外では初。今季も圧倒的強さを見せた。その理由は何だったのか。広島の戦後史と切っても切れない、カープならではの地域との絆を踏まえて探ってみたい。

主力選手けが、若い力が台頭

 戦力面からみると、代役の活躍が大きかった。主力打者の丸佳浩選手が右足のけがで4月下旬から約1カ月離脱したが、その間に中堅手を務めた野間峻祥選手がそのまま外野のレギュラーも獲得。中継ぎ陣の調子が落ちれば、ドミニカ共和国にある球団の選手育成組織・カープアカデミー出身のフランスア投手が8月に月間18登板の日本タイ記録のフル回転でカバーした。伝統の育成力により台頭した若い力が穴を埋めると、離脱した選手たちも復帰後は負けじと活躍。高いレベルでの競争が、シーズンを通じてチームを活性化させた。

 その効果が顕著に表れたのが逆転勝利の多さだ。今季82勝のうち、逆転勝ちは41回を数えリーグトップ。…

この記事は有料記事です。

残り1620文字(全文2042文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです