メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディア時評

詩織さんの訴え、政治介入の検証を=永井愛、劇作家・演出家

 ジャーナリストの伊藤詩織さんがTBSのワシントン支局長だった元記者にレイプされたと訴え出たことは、どれだけ日本で知られているのだろう。知人に会うたび聞いてみるが、認知度はまだ低い。不起訴を不服として詩織さんは記者会見を開き、著書「Black Box」で被害の経緯を公表したが、日本の主要メディアはほとんど報じてこなかった。

 対照的に、海外メディアはこの事件を重要視した。ニューヨーク・タイムズは「彼女が日本のレイプの沈黙を…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文833文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです