メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

反グローバリズムは変わらない=東洋大学国際学部教授・横江公美

 保守派のブレット・カバノー氏が米議会の承認を受け、トランプ大統領が指名した最高裁の判事は2人になった。この瞬間からトランプ氏は、自らが署名した法案を違法と破棄できる権限を持つ最高裁を意中のものにしたのだ。

 最高裁は、米国の思想的対立の主戦場である。共和党は判事指名を手にするために、2016年の選挙でトランプ大統領誕生のため結集した。そして今、カバノー氏に対するレイプ未遂の告発があり、全米が蜂の巣をつついたような騒ぎになっていようと、共和党は議会で数に任せて承認にこぎ着けたのである。

 最高裁の保守化に反対する民主党は、11月の中間選挙で上下院ともに勝利し、トランプ氏を弾劾に持ち込み…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい
  4. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  5. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです