メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

反グローバリズムは変わらない=東洋大学国際学部教授・横江公美

 保守派のブレット・カバノー氏が米議会の承認を受け、トランプ大統領が指名した最高裁の判事は2人になった。この瞬間からトランプ氏は、自らが署名した法案を違法と破棄できる権限を持つ最高裁を意中のものにしたのだ。

 最高裁は、米国の思想的対立の主戦場である。共和党は判事指名を手にするために、2016年の選挙でトランプ大統領誕生のため結集した。そして今、カバノー氏に対するレイプ未遂の告発があり、全米が蜂の巣をつついたような騒ぎになっていようと、共和党は議会で数に任せて承認にこぎ着けたのである。

 最高裁の保守化に反対する民主党は、11月の中間選挙で上下院ともに勝利し、トランプ氏を弾劾に持ち込み、米連邦捜査局(FBI)がカバノー氏を再調査することで、判事の座からひきずりおろそうと気勢をあげる。民主党が有利とされる中、共和党がまさかの勝利を収めるのか選挙の行方が注目されるが、日本にとっては、いずれの結果でもトランプ氏は今まで以上に危険な存在になる。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「時代は変わってしまった」香港民主派なすすべなく 運動抑え込まれ 周庭氏ら収監

  2. 安倍前首相「後援会強化し、支援者増やせ」 細田・麻生両派の若手議員に強調

  3. 菅政権への打撃必至 吉川元農相の現金授受疑惑 野党「私物化政治の極み」と批判

  4. 政府、2030年代半ばにガソリン車新車販売禁止へ 欧米中の動きに対抗

  5. NTT東日本が投手戦制す 大竹7回無失点 日本新薬は反撃機生かせず 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです