メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

反グローバリズムは変わらない=東洋大学国際学部教授・横江公美

 保守派のブレット・カバノー氏が米議会の承認を受け、トランプ大統領が指名した最高裁の判事は2人になった。この瞬間からトランプ氏は、自らが署名した法案を違法と破棄できる権限を持つ最高裁を意中のものにしたのだ。

 最高裁は、米国の思想的対立の主戦場である。共和党は判事指名を手にするために、2016年の選挙でトランプ大統領誕生のため結集した。そして今、カバノー氏に対するレイプ未遂の告発があり、全米が蜂の巣をつついたような騒ぎになっていようと、共和党は議会で数に任せて承認にこぎ着けたのである。

 最高裁の保守化に反対する民主党は、11月の中間選挙で上下院ともに勝利し、トランプ氏を弾劾に持ち込み…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文709文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです