メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニッポンの食卓

第4部 誰と食べる?/2 仲間と飲み会、距離を超え

遠隔お酌の実演をする松原大悟さん(右)=東京都豊島区の養老乃滝で

 スマートフォン(スマホ)でテレビ電話をしながら、画面越しに通話相手のグラスを確認し、手元のビール瓶を傾ける。様子をうかがいつつ細かなタイミングを合わせてお酌するのは、対面で飲むときと同じだ。自分の手元の瓶と通話先の装置にセットされた瓶が連動して同じ角度に傾き、相手のグラスは満杯になった。

 遠く離れた相手にリアルタイムでお酌をする--。そんな飲み会が現実味を帯びてきた。インターネット電話「スカイプ」を使って、参加者がパソコンやスマホの画面で会話をしながら飲食する「スカイプ飲み会」や「リモート飲み会」が数年前からネットで話題になっている。互いに自宅で気楽な格好をしながら、場所も時間も気にせずに集まれることがメリットだ。

この記事は有料記事です。

残り1589文字(全文1901文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  5. 後遺症残る伊丹市職員 友の分も生き 支える側に 尼崎脱線事故14年

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです