メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

フタバスズキリュウ発見50年 首長竜の新種、特定後も謎多く

 福島県の川岸で首長竜「フタバスズキリュウ」の化石が発見されて今年で50年。高校生の「大発見」は大きな話題になり化石ブームを巻き起こした一方、国内では研究の蓄積が少なく、新種と特定されたのは2006年のことだ。今でも詳しい生態など謎が多い。【岩間理紀】

 ●化石発掘、全長9メートル

 1968年10月6日、当時、県立平工業高2年だった鈴木直(ただし)さん(67)は、同県いわき市の大久(おおひさ)川の川べりの崖で、背骨や肋骨(ろっこつ)、ヒレなどの化石が並んで露出しているのを見つけた。「間違いない。ものすごく大きな爬虫(はちゅう)類の骨だ」と直感したという。

 大久川周辺には、約8500万年前の白亜紀後期の地層「双葉層群」が分布している。高校生ながら「化石ハ…

この記事は有料記事です。

残り1455文字(全文1784文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 神戸・須磨の建設会社で発砲か ガラス戸に穴

  5. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです