メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 第5日 車いすテニス単 上地、決勝進出

女子シングルスでショットを放つ上地結衣=インドネシア・ジャカルタで2018年10月10日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】ジャカルタ・アジアパラ大会第5日は10日、車いすテニスの男子シングルス準決勝で国枝慎吾(ユニクロ)が鈴木康平(AOIPro)を降し、真田卓(凸版印刷)との決勝に進んだ。女子シングルスの上地結衣(エイベックス)は準決勝で大谷桃子(スポーツクロマティ)に勝ち、決勝進出を決めた。

 ボッチャ個人(脳性まひBC2)の広瀬隆喜(西尾レントオール)は準々決勝で杉村英孝(伊豆介護センター)を破ったが、準決勝でタイ選手に屈し、3位決定戦でも敗れた。

 日本人対決となった女子シングルス準決勝で…

この記事は有料記事です。

残り376文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都で感染者の一部と連絡とれず 菅氏「詳細を都に確認中」

  2. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  3. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  4. 小池氏「むしろ国の問題」 感染再拡大、菅長官の東京問題発言に不快感

  5. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです