メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 第5日 車いすテニス単 上地、決勝進出

女子シングルスでショットを放つ上地結衣=インドネシア・ジャカルタで2018年10月10日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】ジャカルタ・アジアパラ大会第5日は10日、車いすテニスの男子シングルス準決勝で国枝慎吾(ユニクロ)が鈴木康平(AOIPro)を降し、真田卓(凸版印刷)との決勝に進んだ。女子シングルスの上地結衣(エイベックス)は準決勝で大谷桃子(スポーツクロマティ)に勝ち、決勝進出を決めた。

 ボッチャ個人(脳性まひBC2)の広瀬隆喜(西尾レントオール)は準々決勝で杉村英孝(伊豆介護センター)を破ったが、準決勝でタイ選手に屈し、3位決定戦でも敗れた。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  2. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 6歳女児に公園でわいせつ行為をしようとした疑い 45歳男逮捕 滋賀・草津

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです