政治献金

報告書不記載の園田博氏不起訴 東京地検特捜部

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 自民党の衆院議員、園田博之元官房副長官(76)=比例代表九州ブロック=が、NPO法人から200万円を受領しながら政治資金収支報告書に記載しなかったなどとされる問題で、東京地検特捜部は10日、政治資金規正法違反(不記載)容疑で告発されていた園田氏らを不起訴処分とした。特捜部は不起訴にした理由を明らかにしていない。

 資金提供元のNPO法人「西宮障害者雇用支援センター協会」(兵庫県西宮市)は昨年12月、園田氏と資金管理団体「園田博之後援会」の会計責任者(当時)を特捜部に告発。協会は告発状で、2013年12月13日に園田氏名義の口座に200万円を振り込んだが、園田氏の関係政治団体の収支報告書に記載がなかった、などとしていた。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集