メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊訴訟 国、請求棄却求める 障害者9人傍聴 熊本地裁

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、熊本県の渡辺数美さん(73)が国に3300万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、熊本地裁(小野寺優子裁判長)であった。国側は請求棄却を求めて争う姿勢を示したが、旧法の違憲性については見解を示さなかった。渡辺さんは意見陳述し、「国には『すみませんでした』と一言でも謝ってほしい」と訴えた。

 旧優生保護法を巡る訴訟は全国6地裁で起こされている。弁論が始まったのは、仙台の2人と東京、札幌の各1人に続く5人目。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文492文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都「夜の街」への外出自粛要請 107人感染で知事「拡大警戒要する段階」

  2. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

  3. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  4. ミャンマーで土石崩落、126人死亡

  5. 対韓輸出規制の勝者はだれか 韓国が国産化で構造転換、安倍首相に「感謝」する実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです