メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法

強制不妊訴訟 国、請求棄却求める 障害者9人傍聴 熊本地裁

 旧優生保護法下で不妊手術を強制されたとして、熊本県の渡辺数美さん(73)が国に3300万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、熊本地裁(小野寺優子裁判長)であった。国側は請求棄却を求めて争う姿勢を示したが、旧法の違憲性については見解を示さなかった。渡辺さんは意見陳述し、「国には『すみませんでした』と一言でも謝ってほしい」と訴えた。

 旧優生保護法を巡る訴訟は全国6地裁で起こされている。弁論が始まったのは、仙台の2人と東京、札幌の各…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文492文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです