メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ大会

2018・ジャカルタ 井谷、金で恩に報い 共に鍛えた山県に 陸上男子100メートル

男子100メートル(切断など)で優勝し、喜ぶ井谷俊介=インドネシア・ジャカルタで2018年10月10日、久保玲撮影

 【ジャカルタ谷口拓未】アジアパラ大会第5日の10日、陸上男子100メートル(切断など)決勝で初出場の井谷俊介(23)=ネッツトヨタ東京=が金メダルを獲得した。「楽しかった。まずはアジアを取ったので、次は(2020年)東京で世界一に」と目を輝かせた。

 2年前に交通事故で義足となり、本格的に陸上を始めてまだ1年弱。陸上男子短距離の五輪メダリスト、山県亮太(26)=セイコー=らと共に練習して力をつけ、アジアの頂点へ駆け上がった。

 決勝で、井谷は中盤以降に加速し、11秒75でフィニッシュ。9日の100メートル予選で11秒70のア…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

  5. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです