メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西郷隆盛

西郷どん、推すか敲くか 漢詩草稿、思案の朱

 西郷隆盛が明治2~3(1869~70)年ごろ書いた漢詩の草稿が、新たに見つかったことが10日、分かった。西郷の草稿が見つかるのは珍しく、朱筆で添削した跡があったという。専門家は「西郷が思案して詩を作ったことが感じられる貴重な史料」と話している。

 京都市上京区の古美術収集家、鳥井光広さん(40)が7月、神奈川県鎌倉市の骨董(こっとう)品店がインターネットに出品しているのを見つけ、入手した。3首…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 
  2. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  3. センバツきょう開幕 早くも強豪校激突、市立校対決も
  4. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  5. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです