メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西郷隆盛

西郷どん、推すか敲くか 漢詩草稿、思案の朱

 西郷隆盛が明治2~3(1869~70)年ごろ書いた漢詩の草稿が、新たに見つかったことが10日、分かった。西郷の草稿が見つかるのは珍しく、朱筆で添削した跡があったという。専門家は「西郷が思案して詩を作ったことが感じられる貴重な史料」と話している。

 京都市上京区の古美術収集家、鳥井光広さん(40)が7月、神奈川県鎌倉市の骨董(こっとう)品店がインターネットに出品しているのを見つけ、入手した。3首…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コンサート 沢田研二さん本人が取りやめ 集客少なく不満
  2. 高齢男女死傷 埼玉・和光市のマンションで
  3. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う
  4. 神戸市 日本初の「こうべ花時計」 最後の花の植え替え
  5. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです