メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西郷隆盛

西郷どん、推すか敲くか 漢詩草稿、思案の朱

 西郷隆盛が明治2~3(1869~70)年ごろ書いた漢詩の草稿が、新たに見つかったことが10日、分かった。西郷の草稿が見つかるのは珍しく、朱筆で添削した跡があったという。専門家は「西郷が思案して詩を作ったことが感じられる貴重な史料」と話している。

 京都市上京区の古美術収集家、鳥井光広さん(40)が7月、神奈川県鎌倉市の骨董(こっとう)品店がインターネットに出品しているのを見つけ、入手した。3首…

この記事は有料記事です。

残り297文字(全文495文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川貴教 登美丘高校「HOT LIMIT」動画に喜びも「もっと早かったら…」とボヤキ
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」
  4. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  5. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです