メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊手術強制 「国は一言でも謝って」 原告男性、意見陳述 熊本地裁初弁論

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を強制されたとして、熊本県の渡辺数美さん(73)が国に3300万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が10日、熊本地裁(小野寺優子裁判長)であった。国側は争う姿勢を示したが、旧法の違憲性については見解を示さなかった。渡辺さんは意見陳述し、「国には『すみませんでした』と一言でも謝ってほしい」と訴えた。【清水晃平、城島勇人、中里顕】

 旧優生保護法を巡る訴訟は全国6地裁で起こされている。弁論が始まったのは、仙台の2人と東京、札幌の各…

この記事は有料記事です。

残り973文字(全文1212文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. 富田林逃走 樋田容疑者、窃盗数十件を捜査へ 大阪府警
  3. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人
  4. 女の気持ち 命日のサンマ 札幌市中央区・堀川真弓(無職・68歳)
  5. 皇后さま84歳 陛下と静かに心豊かに 探偵小説楽しみに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです