メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米株急落

米長期金利上昇や米中貿易戦争への懸念背景に

 10日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米長期金利上昇や米中貿易戦争への懸念を背景に急落し、前日比831.83ドル安の2万5598.74ドルで取引を終えた。下落幅は2月8日(1032ドル安)以来の大きさで、過去3番目。ハイテク株中心のナスダック総合指数も315.97ポイント安の7422.05と大幅安となった。米株急落を受けて11日午前の東京株式市場も取引開始直後からほぼ全面安の展開となり、日経平均株価(225種)は一時、前日終値に比べて900円以上急落し、2万3000円を割り込んだ。

 ダウ平均は今月3日に史上最高値となる2万6828.39ドルを付けた後、米長期金利が3%を超えたこと…

この記事は有料記事です。

残り499文字(全文801文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  2. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  3. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  4. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  5. 世界最高更新「期待に応えられるよう、いい演技を」NHK杯前日会見・羽生一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです