メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジアパラ

清掃ボランティア定着 日本人の活動きっかけ

ジャカルタ中心地の歩行者天国でごみを拾う「ジャカルタお掃除クラブ」のメンバー=インドネシア・ジャカルタで2018年10月7日午前8時36分、成田有佳撮影

 【ジャカルタ成田有佳】アジアパラ大会の開催都市・ジャカルタを清掃ボランティア「ジャカルタお掃除クラブ」が陰で支えている。6年前に日本人らが始めた活動が地元の人たちに引き継がれて定着した。2年後に開かれる東京五輪・パラリンピックの関係者も「東京でも多くの人に大会を支えてほしい」と市民の活動に期待する。

 アジアパラ大会の主会場・ブンカルノ競技場に続く目抜き通り。日曜日だった7日、「歩行者天国」で人があ…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文542文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 元「歌のお兄さん」に有罪判決 覚醒剤使用 東京地裁 
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  5. 元駐日仏大使「国際社会で日本が信頼失う事態に」 ゴーン前会長逮捕に強い不快感

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです