東海大チーム

クジラ類の集団座礁、地震発生と相関なし

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
砂浜に打ち上げられたイルカを救助する人たち=茨城県鹿嶋市で2011年3月5日、本社ヘリから
砂浜に打ち上げられたイルカを救助する人たち=茨城県鹿嶋市で2011年3月5日、本社ヘリから

 クジラやイルカの集団座礁と大地震の発生には相関関係が見いだせないとの分析結果を、織原(おりはら)義明・東海大特任准教授(固体地球物理学)らのチームが福島県郡山市で開かれた日本地震学会で発表した。東日本大震災の発生7日前に茨城県鹿嶋市の海岸にイルカの仲間が集団座礁し、両者の関連が騒がれたこともあるが、織原さんは「前兆を捉えていないとまでは言い切れないが、集団座礁を防災に役立てるのは難しい」と指摘する。

 チームは1923~2011年に国内で鯨類が2頭以上同時に浜辺に打ち上げられたり、漂着したりした48事例を分析。この期間中、座礁現場から半径200キロ以内で発生したマグニチュード(M)6以上の地震は計429回あったが、座礁から30日以内に発生したのは2回しかなく、チームは集団座礁と地震発生に相関関係は見られないと結論づけた。

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文634文字)

あわせて読みたい

注目の特集