豊洲開場

真新しい建物に魚のにおい「一夜にして築地に」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
豊洲市場の水産仲卸売場で、顧客の男性に笑顔で頭を下げる「山治」の山崎康弘社長(中央)=東京都江東区で2018年10月11日午前7時51分、竹内紀臣撮影
豊洲市場の水産仲卸売場で、顧客の男性に笑顔で頭を下げる「山治」の山崎康弘社長(中央)=東京都江東区で2018年10月11日午前7時51分、竹内紀臣撮影

 魚のにおいが漂い、小型運搬車のターレが無秩序に行き交う。陳列棚は店舗前の通路にせり出すように置かれている。そこら中に、発泡スチロールの山、山、山……。11日に開場した豊洲市場。83年の歴史を刻んだ開放的な築地市場と対照的に、大型倉庫のような真新しい建物が並ぶ。でも足を一歩踏み入れると、そこにはいつもの魚河岸の空気が流れていた。

 「ここも一夜にして築地市場になったな」。午前5時前、すしネタなどを専門とする仲卸の社長(78)がつぶやいた。「車に乗って出てきたら、うっかり有明の方まで行っちゃってね。パトカーをとめて道を聞いたよ」。移転前は「あんなところ行きたくないよ」とこぼしていたが、「来てみれば、思ったほど悪くないね」とほっとした表情を見せた。

この記事は有料記事です。

残り1068文字(全文1393文字)

あわせて読みたい

ニュース特集