皇室経済会議

絢子さま結婚で一時金 国から支出へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
高円宮家の三女絢子さま=小川昌宏撮影
高円宮家の三女絢子さま=小川昌宏撮影

 結婚に伴って皇室を離れられる高円宮家の三女絢子さま(28)への一時金の額を決める皇室経済会議(議長・安倍晋三首相)が11日、宮内庁で開かれ、皇室経済法で定める規定の上限額である1億675万円が国から支出されることが決まった。絢子さまは29日、日本郵船社員の守谷慧さん(32)との結婚式を挙げる。

 皇室経済法は、皇族が皇室を離れる際に品…

この記事は有料記事です。

残り151文字(全文319文字)

あわせて読みたい

注目の特集