メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

規制改革担当相

最先端技術を集約「スーパーシティ構想」

 片山さつき規制改革担当相は10日、国家戦略特区諮問会議の有識者議員らとの会合で、AI(人工知能)やビッグデータを活用して、交通事情に応じた車の自動走行など最先端技術を集約した「スーパーシティ構想」に取り組む考えを示した。近く有識者らによる私的懇談会を設け、11月中にも基本構想をまとめる。

     非公開の会合後、片山氏が記者団に説明した。片山氏は、就任の際に安倍晋三首相から国家戦略特区の運用改善を指示されたことを挙げ、「岩盤規制改革も必要だが、分野横断的な改革を進めることが重要だ。特区制度のメリットを最大限に生かす」と述べた。

     片山氏によると、地域や分野を限定して規制緩和する従来の国家戦略特区の手法を見直し、AIやビッグデータ、IoT(モノのインターネット)を軸に規制改革を幅広く推進。モデル地域では、自動走行のほか、支払いのキャッシュレス化や遠隔医療、遠隔教育の実現、自立型のエネルギー供給などを目指すという。

     片山氏は「世界では分野横断的なサービスの変革が恐ろしい勢いで進み、日本は2周以上遅れているという意見も出た。ショールーム的なスーパーシティーを作る」と述べた。【野間口陽】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セサミストリート ビッグバード着ぐるみの役者が引退
    2. KYB改ざん データ欠落、安全揺らぐ 免震装置不正
    3. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
    4. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
    5. 地面師事件 なりすまし容疑者 本人確認で「えと」間違う

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです