ファミマ

ユニー売却検討 ドンキに譲渡、コンビニに集中

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ユニー・ファミリーマートHDとドンキホーテHDを巡る構図
ユニー・ファミリーマートHDとドンキホーテHDを巡る構図

 ユニー・ファミリーマートホールディングス(HD)が、総合スーパー子会社ユニーの全株式を、資本業務提携しているドンキホーテHDへ売却する検討に入ったことが10日、明らかになった。不振が続く総合スーパー事業をドンキHDに譲渡し、経営資源をコンビニや新規事業に集中させる。

 コンビニ業界3位だったファミリーマートは2016年9月、コンビニ業界4位の「サークルKサンクス」と総合スーパー事業を傘下に持つユニーと経営統合。サークルKサンクスを取り込むことでコンビニ店舗数を大きく伸ばし、業界2位に浮上した。だが、総合スーパー事業はネット通販の台頭など…

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文679文字)

あわせて読みたい

注目の特集