メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国連大使

突然の退任発表 理由巡り飛ぶ憶測

トランプ米大統領と会談するヘイリー国連大使(左)=ホワイトハウスで2018年10月9日、AP

 【ニューヨーク國枝すみれ】トランプ米大統領は9日、ホワイトハウスでヘイリー米国連大使(46)が年末に退任すると発表した。ヘイリー氏は共和党の有力若手政治家として注目され、2020年大統領選に出馬するとの観測もあったが、トランプ氏への書簡でそれを否定し、トランプ氏再選を支持する意向を示した。後任候補には、トランプ政権で中東政策に関わったパウエル元大統領副補佐官(国家安全保障問題担当)の名前が挙がっている。

 ヘイリー氏は南部サウスカロライナ州出身でインド移民を父母に持ち、11年に同州知事に就任。当時、全米…

この記事は有料記事です。

残り1098文字(全文1352文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです