四国電力

伊方原発2号機の廃炉工程を提出

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 四国電力は10日、伊方原発2号機(愛媛県伊方町)の廃炉作業の工程をまとめた「廃止措置計画認可申請書」を原子力規制委員会に提出した。廃炉は4段階で2058年度まで約40年かけて実施する。費用は約396億円の見込み。

 計画では、約10年かけて燃料搬出などの準備をした後、解体作業に入る。使用済み燃料316体は敷地内に建設予…

この記事は有料記事です。

残り240文字(全文400文字)

あわせて読みたい

ニュース特集