メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
法務省

留学生の就職許可、過去最多 許可率は2年連続減

 法務省は10日、昨年1年間に外国人留学生が日本国内での就職を目的に行った在留資格変更許可申請に対し、2万2419人を許可したと発表した。留学生の増加を背景に、前年より2984人増えて過去最多となったが、許可率は2年連続で減少し、80.3%(前年比8.5ポイント減)となった。

 許可された留学生を最終学歴別にみると、大卒が45.5%(1万196人)▽大学院卒24.4%(5477人)▽専修学校卒21.7%(4869人)--など。法務省によると、近年は大学などに比べて専修学校の留学生が増えており、許可者に占める割合もやや増加しているという。

 許可率は近年は9割台で推移し、2016年に8割台に落ちていた。許可率低下の一因とみられるのが、専修…

この記事は有料記事です。

残り425文字(全文745文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  2. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  3. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. 鳥獣被害に立ち向かう漫画「罠ガール」が話題 イノシシ相手に女子高生が奮闘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです