メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

法務省

留学生の就職許可、過去最多 許可率は2年連続減

 法務省は10日、昨年1年間に外国人留学生が日本国内での就職を目的に行った在留資格変更許可申請に対し、2万2419人を許可したと発表した。留学生の増加を背景に、前年より2984人増えて過去最多となったが、許可率は2年連続で減少し、80.3%(前年比8.5ポイント減)となった。

 許可された留学生を最終学歴別にみると、大卒が45.5%(1万196人)▽大学院卒24.4%(5477人)▽専修学校卒21.7%(4869人)--など。法務省によると、近年は大学などに比べて専修学校の留学生が増えており、許可者に占める割合もやや増加しているという。

 許可率は近年は9割台で推移し、2016年に8割台に落ちていた。許可率低下の一因とみられるのが、専修…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ノルウェー豪華客船がエンジン故障 1370人乗せたまま航行不能に
  2. ORICON NEWS タモリ、平成最後のフジ生特番で総合司会 新元号の瞬間も立ち会う
  3. 米子東の選手がベンチ入りせず
  4. 不正受給 尼崎市、介護施設事業者の指定を取り消し /兵庫
  5. 広瀬すず 100作目朝ドラヒロインは必然 強運引き寄せる「完璧主義」と「負けず嫌い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです