メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難指示3カ月ぶり解除 熊野町・大原ハイツ

大原ハイツの避難指示は全て解除されたが、土砂崩れによる被災痕は今も生々しく残る=熊野町川角5で10日午前10時21分、東久保逸夫撮影

 西日本豪雨で12人が死亡した広島県熊野町川角の住宅団地「大原ハイツ」で10日、避難指示が約3カ月ぶりに解除された。同県内の避難指示は全て解除されたことになるが、団地に戻る住民からは「2次被害の不安は消えない」との声も漏れた。

 同町は大規模な土砂崩れが起きた団地の裏山に不安定な巨石があるなどとして避難指示を続け、区域内の住民の多くが「みなし仮設」の民間住宅や公営住宅に入った。8月中旬に一部(52世帯123人)の避難指示を解除。巨石の下にワイヤネットを設置する応急対策が5日に完了し、残っていた69世帯177…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示
  2. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  3. 年金運用 損失14兆円 世界株安、過去最大に 昨年10~12月
  4. 在職老齢年金の廃止検討 政府・与党、高齢者の就労促す 高所得者優遇懸念も
  5. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです