メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西日本豪雨

避難指示3カ月ぶり解除 熊野町・大原ハイツ

大原ハイツの避難指示は全て解除されたが、土砂崩れによる被災痕は今も生々しく残る=熊野町川角5で10日午前10時21分、東久保逸夫撮影

 西日本豪雨で12人が死亡した広島県熊野町川角の住宅団地「大原ハイツ」で10日、避難指示が約3カ月ぶりに解除された。同県内の避難指示は全て解除されたことになるが、団地に戻る住民からは「2次被害の不安は消えない」との声も漏れた。

 同町は大規模な土砂崩れが起きた団地の裏山に不安定な巨石があるなどとして避難指示を続け、区域内の住民の多くが「みなし仮設」の民間住宅や公営住宅に入った。8月中旬に一部(52世帯123人)の避難指示を解除。巨石の下にワイヤネットを設置する応急対策が5日に完了し、残っていた69世帯177…

この記事は有料記事です。

残り384文字(全文639文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鬼滅の刃 シリーズ累計4000万部突破 10カ月で11倍 勢い止まらず

  2. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  3. 全日本吹奏楽連盟「事務局長ら2人が1.5億円超着服」 懲戒解雇

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 新型肺炎 日本国内のホテルもキャンセル相次ぐ 長期化懸念の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです