メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

強制不妊

宮城で新たに137人 本人請求あれば開示

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者らへの強制不妊手術が行われた問題で宮城県は10日、県内の保健福祉事務所などに「不妊手術を実施済み」と記載された137人分の個人記録を新たに確認したと県議会保健福祉委員会で明らかにした。県がこれまで「優生手術台帳」や「手術実施報告書」などから手術されたと断定した900人分とは重複しないという。

 ただ、今回の137人分は保健福祉事務所などが受けた申告内容で、県の台帳などには記録がなく、手術が実…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文428文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. キイレツチトリモチ まるでキノコ、珍種が開花 牧野植物園 /高知
  4. 6さいからのニュース シャンシャンおやばなれへ
  5. クローズアップ2017 特養、受け入れ敬遠 国の制限「意味ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです