メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

宮城で新たに137人 本人請求あれば開示

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者らへの強制不妊手術が行われた問題で宮城県は10日、県内の保健福祉事務所などに「不妊手術を実施済み」と記載された137人分の個人記録を新たに確認したと県議会保健福祉委員会で明らかにした。県がこれまで「優生手術台帳」や「手術実施報告書」などから手術されたと断定した900人分とは重複しないという。

 ただ、今回の137人分は保健福祉事務所などが受けた申告内容で、県の台帳などには記録がなく、手術が実…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. はやぶさ2衝突実験解説(下)「軽業」カメラが世紀の瞬間を捉える
  4. はやぶさ2衝突実験解説(上)アクロバティックな運用 カギを握る二つの新機器
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです