特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

強制不妊

宮城で新たに137人 本人請求あれば開示

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき障害者らへの強制不妊手術が行われた問題で宮城県は10日、県内の保健福祉事務所などに「不妊手術を実施済み」と記載された137人分の個人記録を新たに確認したと県議会保健福祉委員会で明らかにした。県がこれまで「優生手術台帳」や「手術実施報告書」などから手術されたと断定した900人分とは重複しないという。

 ただ、今回の137人分は保健福祉事務所などが受けた申告内容で、県の台帳などには記録がなく、手術が実際に行われたかは確認できないとしている。県は本人から請求があれば開示する方針。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文428文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集