特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

写真

原爆投下後の広島、新たに32カット 米などで収集

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時救護所となった本川国民学校内の様子=1945年8月撮影、米科学アカデミー所蔵
臨時救護所となった本川国民学校内の様子=1945年8月撮影、米科学アカデミー所蔵

 原爆資料館(広島市中区)は10日、米国とニュージーランドで昨年9~11月に収集した原爆投下後の広島の写真約2300点のうち、新たに確認されたカット32点を報道関係者に公開した。撮影は主に1945年8月~48年で、被爆直後の救護所のほか、被爆数年後の復興が進む街の様子などを捉えている。

 収集先は米国の科学アカデミー、ニュージーランドのアレクサンダー・ターンブル図書館など計6カ所。広島県警写真班の川本俊雄氏が写したとみられる写真、進駐軍が撮影した写真などが含まれている。

 爆心地から約410メートルにあり、臨時救護所となった旧本川国民学校の45年8月の写真では、負傷した子供や大人がぼうぜんと座っている。米軍関係者による同年秋のカットには、焼け跡に立つ少女、看板が「HIROSHIMA CITY HALL」と英語に替えられた市役所建物などが写る。また、爆心地から約1キロの旧大手町国民学校跡地にあった「大手町国民学校仮事務所」という看板は初めて写真で確認できたという。

この記事は有料記事です。

残り158文字(全文593文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集