メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
写真

原爆投下後の広島、新たに32カット 米などで収集

臨時救護所となった本川国民学校内の様子=1945年8月撮影、米科学アカデミー所蔵

 原爆資料館(広島市中区)は10日、米国とニュージーランドで昨年9~11月に収集した原爆投下後の広島の写真約2300点のうち、新たに確認されたカット32点を報道関係者に公開した。撮影は主に1945年8月~48年で、被爆直後の救護所のほか、被爆数年後の復興が進む街の様子などを捉えている。

 収集先は米国の科学アカデミー、ニュージーランドのアレクサンダー・ターンブル図書館など計6カ所。広島県警写真班の川本俊雄氏が写したとみられる写真、進駐軍が撮影した写真などが含まれている。

 爆心地から約410メートルにあり、臨時救護所となった旧本川国民学校の45年8月の写真では、負傷した…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです