メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真

原爆投下後の広島、新たに32カット 米などで収集

臨時救護所となった本川国民学校内の様子=1945年8月撮影、米科学アカデミー所蔵

 原爆資料館(広島市中区)は10日、米国とニュージーランドで昨年9~11月に収集した原爆投下後の広島の写真約2300点のうち、新たに確認されたカット32点を報道関係者に公開した。撮影は主に1945年8月~48年で、被爆直後の救護所のほか、被爆数年後の復興が進む街の様子などを捉えている。

 収集先は米国の科学アカデミー、ニュージーランドのアレクサンダー・ターンブル図書館など計6カ所。広島県警写真班の川本俊雄氏が写したとみられる写真、進駐軍が撮影した写真などが含まれている。

 爆心地から約410メートルにあり、臨時救護所となった旧本川国民学校の45年8月の写真では、負傷した…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文593文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
  3. 社説 河野外相の記者会見発言 「次の質問」という傲慢さ
  4. 「自分に感情が無ければ…」父殺害の元少年、面前DVを告白
  5. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです