メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
写真

原爆投下後の広島、新たに32カット 米などで収集

臨時救護所となった本川国民学校内の様子=1945年8月撮影、米科学アカデミー所蔵

 原爆資料館(広島市中区)は10日、米国とニュージーランドで昨年9~11月に収集した原爆投下後の広島の写真約2300点のうち、新たに確認されたカット32点を報道関係者に公開した。撮影は主に1945年8月~48年で、被爆直後の救護所のほか、被爆数年後の復興が進む街の様子などを捉えている。

 収集先は米国の科学アカデミー、ニュージーランドのアレクサンダー・ターンブル図書館など計6カ所。広島県警写真班の川本俊雄氏が写したとみられる写真、進駐軍が撮影した写真などが含まれている。

 爆心地から約410メートルにあり、臨時救護所となった旧本川国民学校の45年8月の写真では、負傷した…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文593文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイタニック、腐食進む 14年ぶり有人海底探査

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 「表現の不自由」考 「従軍慰安婦はデマ」というデマ 歴史学者、吉見義明氏に聞く

  4. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  5. 道具いらず煮干しの解剖 夏休みの自由研究におすすめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです