メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
津波対策

大川小の教訓、生かす 各地で取り組み

引き渡し訓練で保護者と一緒に帰宅する地頭方小学校の児童ら=静岡県牧之原市で2018年9月5日、町野幸撮影

 東日本大震災の津波災害で児童・教職員84人が犠牲になった宮城県石巻市立大川小学校の悲劇は、学校現場に大きな教訓を残した。子どもたちの命を守るためにどうすればいいのか。南海トラフ巨大地震による津波の危険が指摘される地域の取り組みを取材した。

保護者と一斉帰宅訓練 静岡・牧之原市、御前崎市

 海岸からわずか約100メートル、海抜4.8メートルに校舎が建つ静岡県牧之原市の地頭方小に向かって介護士の村松江利さん(37)は車を走らせた。この日は津波を想定した地域一斉の引き渡し訓練。近くの御前崎中で長男滉太さん(12)を迎え、次男大悟さん(10)が待つ小学校へ急いだ。校舎前に車を止め、裏山を歩くこと7分、次男を教員から引き取った。

 同小では、南海トラフ巨大地震で最大約11メートルの津波が約15分で来ることが想定される。避難訓練を…

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1992文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  2. パトカーが4歳男児はねる 緊急走行中、横断歩道で 東京・千代田区

  3. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. スワン型うきわ 目を離さないで 行楽シーズン、注意呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです