特集

東京パラリンピック

東京パラリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

アジアパラ

師匠は山県 井谷「アジアに続き東京でも金」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
男子100メートル(切断など)で1位でフィニッシュする井谷俊介=インドネシア・ジャカルタで2018年10月10日、久保玲撮影
男子100メートル(切断など)で1位でフィニッシュする井谷俊介=インドネシア・ジャカルタで2018年10月10日、久保玲撮影

陸上男子100メートル 予選では11秒70のアジア新も

 【ジャカルタ谷口拓未】アジアパラ大会第5日の10日、陸上男子100メートル(切断など)決勝で初出場の井谷俊介(23)=ネッツトヨタ東京=が金メダルを獲得した。「楽しかった。まずはアジアを取ったので、次は(2020年)東京で世界一に」と目を輝かせた。

 2年前に交通事故で義足となり、本格的に陸上を始めてまだ1年弱。陸上男子短距離の五輪メダリスト、山県亮太(26)=セイコー=らと共に練習して力をつけ、アジアの頂点へ駆け上がった。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文793文字)

【東京パラリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集