連載

欧州ニュースアラカルト

ブリュッセル支局の八田浩輔特派員が、国際ニュースの速い流れに埋もれてしまいがちな欧州の話題を分野問わず取り上げます。

連載一覧

欧州ニュースアラカルト

「ハッキング未遂」のロシア人スパイが追放されるまで

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ロシア情報部員がサイバー攻撃を試みたOPCWの本部ビル。左後方の建物は現場となったマリオットホテル=ハーグで2018年10月8日午後1時30分、八田浩輔撮影
ロシア情報部員がサイバー攻撃を試みたOPCWの本部ビル。左後方の建物は現場となったマリオットホテル=ハーグで2018年10月8日午後1時30分、八田浩輔撮影

 オランダ国防省の情報部門が今月4日、化学兵器禁止機関(OPCW)に対するハッキングを試みたロシアの情報部員4人を国外退去処分にしたと発表した。同じ日、米司法省は世界各国でサイバー攻撃の計画に関わったとして、この4人を含むロシアの情報部員7人を起訴した。当局が公開した情報と現場取材から、現代の諜報(ちょうほう)活動を巡る攻防の内幕をたどる。

この記事は有料記事です。

残り3330文字(全文3501文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集