メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧州ニュースアラカルト

「ハッキング未遂」のロシア人スパイが追放されるまで

ロシア情報部員がサイバー攻撃を試みたOPCWの本部ビル。左後方の建物は現場となったマリオットホテル=ハーグで2018年10月8日午後1時30分、八田浩輔撮影

 オランダ国防省の情報部門が今月4日、化学兵器禁止機関(OPCW)に対するハッキングを試みたロシアの情報部員4人を国外退去処分にしたと発表した。同じ日、米司法省は世界各国でサイバー攻撃の計画に関わったとして、この4人を含むロシアの情報部員7人を起訴した。当局が公開した情報と現場取材から、現代の諜報(ちょうほう)活動を巡る攻防の内幕をたどる。

この記事は有料記事です。

残り3330文字(全文3501文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「いつか酒でも飲みながら」ゴジラ、イチロー引退にしみじみ
  2. トゥルシンバエワ「信じられない」シニア女子初の4回転サルコウ成功
  3. NGT48・山口さん調査報告書に「嘘ばかり」 運営会社側は否定
  4. 民放ラジオ縮小へ ワイドFM統合前提 民放連が要請方針
  5. 借り上げ復興住宅で住民女性退去の判決 最高裁初の判断

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです