メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「新潮45」問題を考える

杉田論文、自分なら載せますか? 元週刊現代編集長、元木昌彦さんに聞いた

元「週刊現代」編集長の元木昌彦さん(提供写真)

 性的少数者を「生産性がない」などと書いた杉田水脈衆院議員の寄稿を載せ、それを擁護する特集を組んだ「新潮45」が、「休刊」の名のもと、十分な検証のなされぬままに事実上廃刊となった。今回の件で、雑誌文化とノンフィクションの行方を憂える人がいる。「ヘアヌード」の仕掛け人で、1990年代には「週刊現代」の編集長として、創刊以来の最大発行部数150万部、週刊誌トップにまで売り上げを伸ばした元木昌彦さん(72)だ。世間をあっと言わせ、論争を巻き起こしたいのは編集者のサガ、と言う元木さんに、あえて聞いてみた。あなたが編集長なら「杉田論文」を載せましたか--。【聞き手・統合デジタル取材センター/小国綾子】

この記事は有料記事です。

残り2959文字(全文3258文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  5. クローズアップ 日韓軍事情報協定破棄 対話不発 韓国見切り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです