メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まとメシ

東京駅まで徒歩10分!和洋もいろいろ「八重洲」の美味を堪能する!

情報提供:まとメシ

路地裏から高層ビルまで、東京駅周辺エリアで美味満喫!「八重洲 京橋 丸の内」を堪能する!八重洲編。東京駅を飛び出せば、周囲には美食の街が広がっています。八重洲は歩くほどに楽しいエリア。和洋もいろいろ、終電前の〆まで店選びに困りません。撮影/大西尚明(焼きはまぐりSTAND)、西㟢進也 取材/肥田木奈々

焼鳥本田(最寄駅:東京駅)

独学で追求した比内地鶏の旨みを店主渾身のフルコースで堪能

おまかせコース  5000円(写真はコースより「焼物」、「本日の焼野菜」)

『焼鳥本田』で使うは言わずと知れた日本三大地鶏の比内地鶏だ。 その力強い食感、旨み、香味は、店主が「自分の目指す味に最適」と選び抜いた食材で、身が締まった雌の丸鶏を毎日使う分だけ捌いている。 食べさせ方がまたいい。塩かタレの一辺倒でなく、ねぎまは塩で焼いてバルサミコ醤油をひと塗り、自家製鶏油を練り込んだつくねは仕上げに山椒をひと振りするなど、ひと串をひとつの料理と捉えて供する。 旬の焼き野菜から親子丼まで店主渾身のフルコースを味わえば、もうこの店に夢中。宝物を見つけたような幸福感に浸れるはずだ。

[住所]東京都中央区八重洲1-7-13 元橋ビル1階 [TEL]03-3241-5011 [営業時間]17時半~22時半(22時LO)[休日]日・祝(土は不定休)/席14席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分

『焼鳥本田』の詳細はこちら

ラ・ミニョネット(最寄駅:東京駅)

華やかさよりも誠実に手間暇かける普段着のフレンチに心の底から満足する

オニオングラタンスープ 800円

『ラ・ミニョネット』は「普段着のフレンチ」という言葉がピッタリの店だ。 ソースやフォンなど基本の技術をしっかり守り、手間暇かけて作られた丁寧な料理はどれも長く愛される理由のある“温かさ”に満ちている。 「この店に来たらこれが食べたい、を根付かせたいんです」と店主。そのひとつがオニオングラタンスープだろう。 玉ネギを5~6時間かけて炒め、鶏のガラやモミジを使ったブイヨンで作るそれは、信じられないほど甘みとコクが奥深く、熱々をハフハフしながら食べる手が止まらない。

[住所]東京都中央区日本橋3-1-15 2階[TEL]03-5542-1601 [営業時間]11時~14時半(14時LO)、18時~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日(日が祝の場合は営で月休) 席26席/全席禁煙/夜は予約可/カード可/サなし、席料500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分

『ラ・ミニョネット』の詳細はこちら

焼きはまぐりSTAND(最寄駅:東京駅)

食材にこだわるハマグリ料理と立ち飲みの気軽さ両方の魅力にアッパレ!

10年物大はまぐり(100g)の磯辺焼き、ガーリックバター 400円、400円

陽気な店長“馬場ちゃん”が切り盛りする立ち飲み『焼きはまぐりSTAND』は、一度体験したらその楽しさと美味しさにハマること間違いナシだ。 実はここ、ハマグリの名産地である三重県公認の県応援店舗で、桑名直送の極上品が揃っている。 例えば大ぶりの10年物。シンプルに網焼きにした味は、ぷっくりと太った身から旨みのエキスが炸裂ッ! ほかにもタイ風やイタリアン風など味付けに趣向を凝らし、ハマグリの新しい食べ方に目からウロコが落ちまくる。加えて栄養も満点。 ひとりで140個食べたツワモノもいると言うんだから、この店の魅力、分かるでしょう?

[住所]東京都中央区八重洲1-7-7 第二山本ビル 1階 [TEL]03-6262-5810 [営業時間]16時~翌1時(24時半LO)、金は~翌2時(1時半LO)、土・祝15時~24時(23時半LO) [休日]日(月が祝の場合は日営で月休 [席]スタンディング30名/全席喫煙可/予約応相談/カード不可/サなし、お通し450円~(はまぐりの個数で変わる)別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩3分

『焼きはまぐりSTAND』の詳細はこちら

北国炉端 ときしらず東京駅八重洲(最寄駅:東京駅)

鮮魚は函館直送豪快&お値打ち名物料理に連日満席の人気店

函館直送いくら・雲丹入り特選刺身盛り合わせ 1人前 980円(写真は2人前)

『北国炉端 ときしらず東京駅八重洲』では毎朝現地とやり取りし、その日の午後には朝獲れの魚が空輸で届くから新鮮そのもの。時季によってホッケの刺身など珍しい味わいもお目見えする。 もちろんウリは魚だけにあらず。 「知床どり」や仙台牛など北海道・東北の食材を使う肉料理やご当地グルメも多彩だ。 〆には看板「いくら飯」を。まず熱々のご飯が登場し、目が覚めるほど鮮やかな赤い粒をこぼれるまでてんこ盛りにしてくれる。その贅沢な姿にもうメロメロ!

[住所]東京都中央区八重洲1-8-6 1・2階 [TEL]03-3231-0101 [営業時間]16時~24時、日・祝16時~23時 [休日]無休(お盆と年末年始は休) [席]1・2階合わせて計80席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し400円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分

『北国炉端 ときしらず東京駅八重洲』の詳細はこちら

日本橋 まえ田(最寄駅:東京駅・日本橋駅)

黒板に並ぶ多彩なメニューから選ぶ楽しさにも心が躍る

穴子の釜めし 1合 1600円(写真は2合)

上質な対馬産の穴子を身割れしないようふっくら仕上げた味わいはまさに職人の技! 穴子の煮汁とカツオダシで炊いた佐渡産のコシヒカリと共に、ほろほろと口の中でほどけていく。 そんな『日本橋 まえ田』の定番人気の料理も魅力だが、見逃せないのはその日の黒板メニューだ。 鯛にウニとキャビアをのせたお造りなど、毎朝築地で仕入れる旬の食材を駆使した店主の感性光る創作和食がビッシリ並んでいる。 これが酒飲みの心をくすぐる絶品揃いときたら心も身体も前のめり。しかもお手頃。参りました!

[住所]東京都中央区日本橋3-1-14 1・2階 [TEL]03-3275-1830 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時(22時LO)、土17時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]全34席/13時まで禁煙、夜は喫煙可(要望で禁煙席対応可)/夜は予約可/カード可/サなし、お通し500円別 [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲北口から徒歩5分、地下鉄銀座線ほか日本橋駅B3出口から徒歩2分

『日本橋 まえ田』の詳細はこちら

八重洲の夜を楽しむための覆面トーク

今回は八重洲通りを中心に北側一帯を八重洲エリア、南側を京橋エリアと分けて調査。八重洲エリアは路地文化も息づき、老舗も新店もジャンルもいろいろ。ひっそり店を構える老舗バーで覆面反省会となりました!

編集武内(以下武)「八重洲は面白い街でしたね。狭いエリアに魅力がギュッと詰まってるというか。ここ『G』のように歴史ある隠れ家的なバーも潜んでるんですから。まずはカンパイ」 肥田木(以下肥)「ホント。伝統を守る老舗もあれば、若き店主が独学で味を追求した『焼鳥本田』や、『焼きはまぐりSTAND』のような気軽な立ち飲みもあったり、何でも揃うおもちゃ箱みたいな街」 「焼鳥や寿司とかジャンルもいろいろで、ちょっと一杯でもしっかり食事でも、その時の需要に応えてくれるんですよね。昭和の面影残る路地から表通りまで、ウロウロしながらはしご酒するのもおすすめです」 「週末は賑やかだったよね。『ときしらず』なんて何度行っても満席で入れなかったほど。ここは予約必須!」 「居酒屋ならチェーンだけど『かあさん』も楽しかったな」 「巨乳の熟女店員さんのネームプレートに書いてたあだ名が“肉まん”ってのが笑えた!武内さん、目のやり場に困るとか言いながら、用もないのに『肉まんさーん』って何回も呼んでたでしょ。男って単純よね~」 「そんな肥田木さんも大きなおっぱいに癒される~って触りたがってたくせにぃ。それはさておき、本格和食ならやっぱり『日本橋 まえ田』でしょうか」 「同感。料理が豊富でどれも美味しい。穴子の釜飯なんてインスタ映えもバッチリだよ」 「ビストロならオニオングラタンスープが絶品の『ラ・ミニョネット』!」 「牛ほほ肉煮込みの付け合わせがオムライスなのも小躍りした~。以前は野菜だったそうだけど仕入れ価格が安定しないし残す人もいるからオムライスに変えたら好評だったんだって」 「発想がいいなあ。そんな和洋の店が狭いエリアに揃い、選ぶ楽しさがあるのが八重洲でしたね。うう、美味しい話してたらお腹空いてきた。終電まで時間あるし、八重洲によく出てる屋台ラーメンで〆ってのは?」 「さんせーい。その前にウイスキーロックもう一杯!」 「まだ飲むの? ま、どこで飲んで食べても駅まで5~10分で行ける安心さも八重洲の魅力ってことで。僕もおかわり!」


関連記事

東京駅ビューも楽しめる!今までとはひと味もふた味も違うベトナム料理
宮崎料理 万作|宮崎生まれの肉・野菜・果実が集結(郷土料理/東京)
四川豆花飯荘 東京店|名物アクロバティック茶道に大興奮(中華料理/東京)
丸の内でちょっと贅沢ランチ!ミルキーな旨みがじゅわりと染み出すピッツァ
東京駅で味わう!感動ものの金華豚とんかつが平日限定の大サービス!


情報提供:まとメシ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです