メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サワコの朝

「TEAM NACSのファンが自分たちを押し上げてくれた」 俳優・安田顕の素顔に迫る!

 トーク番組「サワコの朝」(MBS/TBS系全国ネット、10月13日午前7時半~8時)のゲストは、俳優の安田顕さん。大学4年生のときに劇団「TEAM NACS」を結成。1996年の結成から、瞬く間に地元・北海道の超人気者になった。

 卒業後は、就職を機に一度「TEAM NACS」を離れたが、数カ月後に仕事を辞めて劇団を再結成。

 テレビ番組「水曜どうでしょう」の人気から劇団への注目度は全国区へと広がり、2004年に行った初の東京公演はチケットが5分で完売。翌年には、初の全国公演を果たします。今も公演があるたび完売するという人気劇団「TEAM NACS」。大学生の頃から知っているメンバーとはどんな関係なのか? NACSの中での安田さんの立ち位置や、劇団に対しての想いをうかがう。

「記憶の中で今もきらめく1曲」は、玉置浩二さんの「ミスターロンリー」。サラリーマンを辞めて学生に混ざってアルバイトをしていた頃に聞いていたこの曲と当時を振り返る。

 小さい頃は父のことが大好きな少年だったという安田さん。

 溶接工として働いていた父のことを本に書いて、それを元に舞台化したというエピソードもうかがう。さらには普段の家での様子や家族に言われた衝撃的な一言など、安田さんのお茶目なエピソードも満載。サワコが今一番気になる俳優・安田顕の素顔に迫る。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  2. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  3. 不適切投稿 裁判官懲戒、やむを得ず
  4. 分限裁判 ツイッター投稿裁判官「表現の自由侵害」と反論
  5. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです