メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

ギタリスト・安田裕美さん 他の誰にも出せぬ音 誰か継いでくれれば

「小室等さんには言葉の意味を深く考えて弾くことを教わりました」=東京都千代田区で、根岸基弘撮影

 日本を代表するスタジオミュージシャンは、黒衣に徹している。「テレビに顔が映ることはめったにありません」

 しかし、番組の合間には、6本の弦と10本の指で生み出したサウンドが毎日のように流れてきた。例えばサントリーのCM「トリス・雨と犬」(1981年)。雨の中を走る子犬を励ますように流れる「ダディダディダドゥダア」という男性ボーカルと、さりげなく叙情的な高音で見る人の内面を揺さぶるアコースティックギター。編曲と演奏を担当したこのCMは、カンヌ国際広告映画祭で金賞を受賞した。日本生命のCM「ニュー・シネマ・パラダイス」も、透明感ある音で家族愛が伝わる名作だ。聴けばすぐに思い出す印象的な演奏が多い。音楽の世界で「ほかの誰にも出せない音」と呼ばれる安田奏法は、1音ずつが心に響き、絹織物のような手触りを感じさせる。

 アリス、海援隊、松山千春さん、大瀧詠一さん、中村雅俊さん、石川さゆりさん--。作品づくりに関わった…

この記事は有料記事です。

残り1220文字(全文1627文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  2. サッカー日本代表 森保Jウルグアイ撃破 4得点で3連勝
  3. 訃報 仙谷由人さん72歳=元衆院議員、元官房長官
  4. サッカー日本代表 南野、中島、堂安…世代交代で活性化
  5. 特集ワイド 麻生氏続投にブーイング 責任取らない副総理兼財務相 発言に共感性なく デフレ対策でも「失格」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです