メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 強制起訴公判 東電旧経営陣、真実話して 来週、被告人質問

これまでの29回の公判のうち27回を傍聴した古川好子さん。公判内容を記録したノートは既に3冊になる=東京都中央区で、蒔田備憲撮影

 東京電力福島第1原発事故を巡り、旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪に問われた刑事裁判は16日に東京地裁(永渕健一裁判長)で被告人質問が始まり、大詰めを迎える。東電旧経営陣が事故の責任に関し、法廷で詳細に語るのは初めてとなる。公判の傍聴を続けてきた被災者らは「被害を受けた人の気持ちを受け止め、正直に話してほしい」と訴える。【蒔田備憲】

 同罪に問われているのは、勝俣恒久元会長(78)と、武黒一郎(72)▽武藤栄(68)の両元副社長。福…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

  4. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  5. 公園に88歳母、自宅に70歳娘の遺体 無理心中か 福岡・西区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです