メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 強制起訴公判 東電旧経営陣、真実話して 来週、被告人質問

これまでの29回の公判のうち27回を傍聴した古川好子さん。公判内容を記録したノートは既に3冊になる=東京都中央区で、蒔田備憲撮影

 東京電力福島第1原発事故を巡り、旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪に問われた刑事裁判は16日に東京地裁(永渕健一裁判長)で被告人質問が始まり、大詰めを迎える。東電旧経営陣が事故の責任に関し、法廷で詳細に語るのは初めてとなる。公判の傍聴を続けてきた被災者らは「被害を受けた人の気持ちを受け止め、正直に話してほしい」と訴える。【蒔田備憲】

 同罪に問われているのは、勝俣恒久元会長(78)と、武黒一郎(72)▽武藤栄(68)の両元副社長。福島原発告訴団の告訴・告発に対し、検察は2013年に不起訴処分としたが、検察審査会が2度にわたって「起訴すべきだ」と判断し、16年に強制起訴された。いずれも無罪を主張している。

この記事は有料記事です。

残り732文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  2. 「このままでは核兵器はなくならない」 ジャパネット創業者が「伝える」核廃絶と平和

  3. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』新情報解禁 「心を燃やせ」新キービジュアル&PV、キャスト公開で猗窩座役は石田彰

  4. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  5. 風知草 鬼滅ブームと菅伝説=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです