メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

愛媛アイドル自殺

遺族、事務所相手取り提訴 松山地裁

会見で涙ぐむ大本萌景さんの母幸栄さん=松山市三番町4で2018年10月12日午前10時44分、中川祐一撮影

 松山市を拠点にしたアイドルグループ「愛(え)の葉(は)Girls」のメンバーで今年3月に自殺した大本萌景(ほのか)さん(当時16歳)の遺族が12日、自殺は当時の所属会社「Hプロジェクト」によるパワハラや過酷な労働環境で精神的に追い詰められたためとして、同社の代表取締役らに計約9200万円の損害賠償を求めて松山地裁に提訴した。

 訴状によると、大本さんは2015年から同社に所属。イベントなどでは未成年にもかかわらず平均的に10時間以上拘束されたうえ「辞めるのであれば1億円支払え」などのパワハラ発言を受け、今年3月21日、自宅で自殺した、としている。

この記事は有料記事です。

残り156文字(全文432文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです