メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中部空港

「夢」の初号機眺め食事 新施設開業

 愛知県常滑市の中部空港で12日、複合商業施設「フライト・オブ・ドリームズ」が開業した=写真・兵藤公治撮影。4階建ての建物(延べ約1万1000平方メートル)の吹き抜け空間に、最新鋭旅客機ボーイング787の試験飛行に使われた初号機が展示されており、巨大な機体を間近に見ながら食事などが楽しめる。中部国際空港会社は年間150万人の来客を見込む。

 午前10時のオープン前から多くの人が列を作った。一番乗りは同県小牧市桃花台、会社員、松尾泰志さん(…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文569文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです