メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

日本人の「満州像」形成 多賀城出身の写真家・桜井一郎、大崎で14日から /宮城

 多賀城市出身で旧満州(現中国東北部)を中心に中国各地を撮影した写真家、桜井一郎(1893~1928年)の作品を紹介する写真展「櫻井(さくらい)一郎が見た満洲(まんしゅう)」(毎日新聞社後援)が14日、大崎市古川の吉野作造記念館で開幕する。大正末期から昭和初期にかけての作品が日本人の「満州」や、その西に広がる蒙古を含めた「満蒙」、さらに「大陸」に対するイメージ形成につながったとの視点から写真30点を展示する。【山田研】

 朝日が昇り、別のカットでは風紋が深く刻まれた砂漠。道ばたには髪飾りをつけた女性ら民族服姿の男女が集…

この記事は有料記事です。

残り583文字(全文844文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. 橋桁の下敷きに、ダンプ運転手死亡 埼玉・深谷
  4. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  5. ORICON NEWS 休養のガンバレルーヤよしこ、仕事復帰 TBS『東西ネタ合戦』収録に参加「より一層頑張ります」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです