メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

不妊手術 新たに4人の名前 県調査終了 計67人、うち強制33人 /茨城

 旧優生保護法下(1948~96年)での不妊手術問題で、県は11日、新たに手術を受けたとされる女性4人の名前が記された資料が見つかったと発表した。いずれも強制的な手術だったか不明で、うち3人は生存しているという。これで県内で名前を確認できたのは計67人、このうち33人に強制手術を裏付ける記載があった。県は国に結果を報告し、調査を終えた。

 県はこれまで、県立歴史館(水戸市緑町)などに保管されている関連資料を調査したほか、県内の病院や診療…

この記事は有料記事です。

残り328文字(全文547文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです