メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ トリックアート美術館(東京都八王子市) だまされて楽しめる /東京

 京王線高尾山口駅の改札を出ると、ベージュの大きな建物が見える。バルコニーには古代エジプトの神殿にファラオが鎮座した滝のようなものが見え、緑豊かな山あいの町並みの中で独特の存在感を醸し出している。

 1996年4月に小阪弘館長が家業のガソリンスタンドを建て替えてオープンした。

 「作品に実際に触れ、体験できる」というトリックアートの特徴を生かし、スタッフから作品の鑑賞方法の説明を受けた後は、地下2階から地上2階の迷路のような館内を自由に回れ、写真撮影もOKだ。

 コンセプトは「あたかもそこに本物が存在するがごとく」。1階のエジプトコーナーではエジプト大使館の協…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文708文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・飯能の県道で軽乗用車とゴミ収集車衝突 30代夫婦と生後6カ月男児の3人死亡

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. あおり運転各地で繰り返した可能性 43歳男を傷害容疑で指名手配

  4. 逆走して急接近 「あおり運転」容疑で会社員逮捕 愛知県警

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです