メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

身じまい自習室

/13 ホスピスの看護師たち 病気でなく「その人」を /東京

ホスピスのカンファランスでは患者の「様子」が重視される=秋田・外旭川病院ホスピスで

 この夏、緩和ケア病棟やホスピスに勤める看護師さんと話す機会が何度かあった。患者のみとりにかかわる現場で私が会った専門職たちは、医師よりむしろ大きな役割を担っているように感じた。「死」と向き合うしんどい職業なのに、明るい表情をしていた。

 「ホスピスに来た途端、患者さんに全身でドーンとぶつかって来られた気がしました」。ベテラン女性看護師の言葉である。

 なりたてのころはまだ、がんの本人告知はない時代。自分の病を知らずに亡くなっていく患者や家族のことを…

この記事は有料記事です。

残り886文字(全文1111文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 羽生、魂の演技でフリー200点、トータル300点超え
  2. チェン、世界最高得点で2連覇 羽生は2位 世界フィギュア
  3. 安定感増したチェン、2連覇 羽生演技にも動ぜず 世界フィギュア
  4. 宇野、覚悟のフリーも170点台 不完全燃焼
  5. 「跳ぶ使命感」 勝負師・羽生、思い込めた4分間 世界フィギュア

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです