教林坊古文書

延暦寺学芸員が確認 「価値ある資料、整理を」 近江八幡 /滋賀

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
宇代貴文・学芸員(右)に古文書の説明をする教林坊の廣部光信住職=滋賀県東近江市五個荘竜田町の古民家で、蓮見新也撮影
宇代貴文・学芸員(右)に古文書の説明をする教林坊の廣部光信住職=滋賀県東近江市五個荘竜田町の古民家で、蓮見新也撮影

 近江八幡市安土町石寺の寺院「教林坊」から発見された大量の古文書を巡り、市から文化財調査を委託された、比叡山延暦寺国宝殿の宇代貴文・学芸員が11日、文書を保管する東近江市の古民家を訪れた。廣部光信住職から説明を受けた宇代氏は「近江八幡で天台宗関係の文書は少なく、価値がある」と話した。

 古文書は延暦寺で伝えられた修法や作法な…

この記事は有料記事です。

残り201文字(全文363文字)

あわせて読みたい

注目の特集