メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わかやま釣り情報

紀北 サビキでアジ爆釣=宇井晋介 /和歌山

紀南 70センチメジロ入れ食い

 出世魚ブリの中型魚がメジロ。串本周辺でこのメジロの爆釣が続いており、台風が通過してもその数は衰えをみせない。以前は養殖種苗となったモジャコの乱獲により少なくなったメジロだが、あるいは養殖に使われなくなったことが原因なのか。釣れなくても困るが、釣れすぎても気味が悪い。

 【紀北】サビキ釣りで南蛮漬けサイズのアジが200~500匹と爆釣。グレ、チャリコ交じる(マリーナシティ釣り公園073・448・0020)。休園中(和歌山北港073・451・4148)。タイラバでのマダイ安定して釣れる。56センチが最大。ティップランはアオリイカ本調子遠いがアカイカ、コウイカ等も(釣船海竜090・5974・1716)。ノマセでハマチ47~48センチ、カンパチ47~51センチ。オキアミ、サシアミ、イシゴカイなどの餌でチヌ37~42センチ、ウマヅラハギ30~36センチ、カワハギ18~20センチ、キビレ30センチ、ヘダイ30センチ、アイゴ25~30センチ。サビキでウマヅラハギ、マアジ。ドジョウ餌で指3本サイズのタチウオ(下津ピアーランド073・494・0940)。ヒラメシーズン開幕。アジノマセで座布団級ヒラメほか、ブリ80センチ、オオモンハタ、カンパチ、ガシラ、メジロなど(早勝丸090・3276・58…

この記事は有料記事です。

残り840文字(全文1400文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 「消費税を上げられるのか」国民の玉木代表 首相は増税方針、重ねて示す
  4. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  5. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです